liタグ 👉 リストの項目を表す

HTMLの<li>リストアイテムタグは、リスト(箇条書き)の項目を表すために使います。あくまでも<li>はリスト内の各項目に使うもので、単体は使いません。<ul>(順序なしのリスト)や、<ol>(順序のあるリスト)の中で使われます。

✍️「li」はList Item(リストの項目)の略です。

間違った使い方

<h2>好きな果物は次の2つです。</h2>
<li>りんご</li>
<li>みかん</li>
<!-- 🚫このようにliを単体で使うのは間違い-->

👆実際の表示は問題なく見えるかもしれませんが、HTMLとしては間違っています。<li>タグだけではリストを意味しません。

正しい使い方:ulかolと合わせて使う

<h2>好きな果物は次の2つです。</h2>
<ul>
  <li>りんご</li>
  <li>みかん</li>
</ul>
<h2>好きな果物ランキング</h2>
<ol>
  <li>りんご</li>
  <li>みかん</li>
  <li>ぶどう</li>
</ol>

👆このように<ul>(順序なし)か、<ol>(順序あり)の中に<li>を含める形で使いましょう。これによりリストが出来上がります。


詳しいリストの使い方は、以下のページで解説しています。