DOCTYPE 👉 HTMLの文書であることを宣言する

HTMLの文書(1枚のページのソースコード)では、先頭に<!DOCTYPE html>と書く必要があります。
HTMLでソースコードを書くときには、決まり文句として先頭に<!DOCTYPE html>と書くようにしましょう。

example.html DOCTYPEを宣言
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    ~略~
  </head>
  <body>
    ~略~
  </body>
</html>

目的

なぜ<!DOCTYPE html>を書く必要があるかというと、ブラウザが文書を「標準モード」で表示するように指示するためです。
書かなかった場合、一部のブラウザでHTMLやCSSが意図したとおりに表示されない可能性があります。

古い書き方

HTMLでは<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> というような複雑な書き方をしていましたが、現在ではこのような書き方はしないでください。