bodyタグ 👉 HTMLのコンテンツ部分を表す

<body>ボディータグは、HTML文書のコンテンツ部分(実際にブラウザに表示される部分)を表します。

bodyはどこか

👆HTMLの文書はざっくりとこのような構造になっています。<html>タグには、子要素として<head><body>を配置します。<head>の内容はブラウザに直接表示されませんが、<body>の内容の多くはユーザーの目で見られることになります。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>サンプルのHTML</title>
  </head>
  <body>
    <p>サンプルの文章です</p>
  </body>
</html>

👆とてもシンプルなHTML文書の例です。<body>タグの内容がブラウザに表示されています。

😺<head>内には、ロボット(プログラム)が読むメタ情報を書きます。たとえばブラウザは<title>タグからそのページのタイトルを読み取ります。

bodyタグの使い方

bodyはhtmlの子要素にする

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    ~
  </head>
  <body>
    ~
  </body>
</html>

👆<body><html>の子要素である必要があります。HTML文書のいちばん上に<body>タグを書いてはいけません。なお、HTML文書では先頭に<!DOCTYPE html>を配置します。

Webページのコンテンツはbodyの中に書く

基本的にWebページは<body>内に要素を入れていく形で作成していきます。<body>はユーザーが見る全てのページで使うことになります。

🙅1つのページでbodyを複数回使ってはいけない

1ページ(1つのHTML文書)の中で2回以上<body>〜</body>を使うことはできません。

bodyタグの周りに隙間ができることがある

bodyタグのまわりに隙間

👆bodyをCSSで塗りつぶすとよく分かりますが、body要素とページの縁に隙間が空くことがあります。これはGoogle Chromeなどの主要ブラウザで、bodyタグに対してデフォルトでmarginがあてられているためです。

CSS Google Chromeのデフォルトスタイル
body {
  display: block;
  margin: 8px;
}

これを解消するためには、以下のようなCSSを記載する必要があります。

CSS
body {
  margin: 0;
}