bタグ 👉 注意を引かせる

HTMLの<b>ビータグは、単に読者の注意を引きたい部分に使用します。たとえば、何らかのキーワードや製品名などに使います。

<p>大切なのは<b></b>です。</p>

👆主要ブラウザではデフォルトでbに対してfont-weight: boldが指定されており、太字で表示されます。

bタグの使い方

実際のところ<b>タグを使うべきシーンというのは、ほとんどありません。

まずは他のタグが使えないか検討する

以下のように<b>との違いが分かりづらいHTMLタグがいくつかあります。<b>は特に意味を持たないものであるため、まずは「他のタグを使うべきではないか」チェックしましょう。

タグ名 使いどころ 解説
<strong> 重要性や緊急性が高いことを表す 📘
<em> テキストを強調する 📘
<mark> 参照や言及をするテキストを目立たせる 📘
<cite> 作品名や題名を表す 📘
<i> 他と区別されるテキストを表す 📘
<b> テキストに注意を引かせる 📘

👆「重要でもないし、強調すべきところでもないし、作品名でもない…」という場合にようやく<b>が選択肢に挙がってきます。

太字にする目的で使わない

また、<b>タグを「太字にしたいから」という理由で使わないようにしましょう。単にテキストを太字にしたい場合はCSSを使います。

😺HTML5ではスタイル(見栄え)に関する部分はCSSで指定する原則があります。

.font-strong {
  font-weight: bold;
}

👆太字にしたい部分に対して、font-weight: boldをあてるだけですね。

✍️繰り返しになりますが、<b>を使うべきシーンというのはほとんどありません。最終手段として頭の片隅に置いておけば十分でしょう。